スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
最近、グリルで魚を焼くとき、ちょっとうれしいです。
前は、魚の皮がベロベローってアルミホイルとか、網にくっついていて、洗うのも大変・・・憂鬱・・・だったのですが、
雑誌で裏技を知ってから、超楽チン、まったく皮がつかない方法を知りました。

魚の皮は高温で固まる性質があるそうで、要は、魚をグリルに入れる前に、網とかアルミホイルを空焼きして、熱くしておくのがポイントです。もちろん、煙が出るほどやる必要はなく、魚を冷蔵庫から出して、とか準備している間に、数分暖めておくだけでばっちりです。
皮がくっつかず、ペロンと切り身がひっくり返るとすがすがしい気分になれます!

さて、本題。
年末から夫が肩が痛くて、整形外科と隣の整骨院のリハビリを受けていました。
先日、昨年の医療費の合計額を計算しようと思って、領収書を集めていたら、夫が、整骨院がくれなかった、と言い出しました。

なんでも、領収証を発行するのに時間がかかるから、□後で取りに来るにチェックを入れるよう、初診の時に言われたそうです。しかも、領収証が欲しくなったら、電話で連絡して、それから取りに来て、というそうで、めちゃくちゃ怪しいです。
たまたま私が近くに行く用事があったから、家族でダメか聞いてもらったら、案の定「個人情報のため」不可でした。

領収証を発行するのに時間がかかる?←何時間待つのでしょう?
領収証を発行するのに前もって電話?←裏帳簿?何の作業をしている?
家族にも領収証を渡さない?←所得税の医療控除は世帯合算なので、個人情報も何も・・・という感じですが。

めちゃくちゃ怪しい、と会社で話をしたら、こんな経験を教えてくれた人がいました。
その人は、整骨院にかかったあと、健康保険組合から封書が届いて、
「あなたが支払った金額はこれで合っていますか?」というものだったそうです。

しかも、その金額が微妙に実際の支払い金額より少なかった(つまり、病院が健康保険組合に申請した支払い済みの金額が、実際に窓口で支払った額より低く申請していた=二重取り)そうです。
会社の人は、人が良いから、わざわざ整骨院に行って、こんな書類が来ているけど、と見せて、「その金額で正しいです」と返送してあげたとか。

整骨院では、本当は保険適用にならない治療も保険適用として申請しているとか、なんとか、怪しい話を良く聞きます。
今回領収書をすぐに発行しない、なんて、何をしているのでしょうか?

夫とは、本人しかダメなら、「遅刻・早退」しないと領収証が手に入らないということだね、と話し、その都度領収証をもらうように変更するようにしました。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。