スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
昨年9月に近くのスーパーで、騒音トラブルになっていた下の住人とバッタリ出会って、我が家の音でもないことで面と向かって罵倒された話を書きました。
その時はブログにも書いたとおり、我が家に上がってもらい、我が家には、その騒音の元となるものが存在しないことを確認し、納得してもらったはずでした。

少なくとも、最後は「自分が勘違いしていた、悪かった」と謝り、頭を下げて帰っていったのを見ています。
でも、そのわずか数日後、わが息子が、「アホな闘いのポーズ」とか、かっこつけて足を踏ん張ったのが気に入らなかったのか、その足音(たぶん2回)に対して、またもや窓サッシを乱暴に閉める音が続きました。

私だったら、自分の勘違いで怒鳴り込んでいって、その人のせいじゃなかったと分かったら、その人に対して負い目を感じるだろうし(そんなことは今まで、したこともないけど)、また窓で威嚇するなんて、とってもできない、と思いました。
やっぱり信じられないし、とても私1人では付き合いきれない。
そう判断して、翌日、マンションの住宅部の会長さん達に、今までの経緯の説明と今後の相談をしました。

部会長さん達も同じマンションの住人ですし、かなり時間を取って、真剣に話を聞いてくれました。
そして、私としてはできる限り気を使って生活(防音マット・防音の床工事をしたし、夜間は当然音を立てていない)しているし、共同生活をしている以上、ある程度の生活音はお互い様として我慢しないといけない、と思う、とおっしゃってくれました。

そして、窓サッシの音が周りの迷惑になっていないか、会長が確認するが、私もあまり気にせず、普通に生活をすればいいのではないか、言われ、私も気にしないようにしていました。
たぶん、会長さんから(どのような形かは不明ですが)言われたのか、それから窓サッシの音も全くしなくなり、ヤレヤレ思っていました。
どれほど気をつけていても、足音とか物音ゼロで生活するのは、大人だけでも無理なことですし。

ただ、下の住人が我が家の音と勘違いした騒音(夜中もします)は、ずっと続いていました。私は気になる音ではないけど、その音が聞こえてはいます。でも、下の人が言うように、「脳天に響く」音なんかでは全然ないです。

少し前のことになるでしょうか。例によって下の住人がバリバリ、バイオリンだかを弾いている最中に、その音がドーン・ドーン、続けてしました。
そしたら、なんと、また窓サッシを閉める音に、部屋のドアを閉める音まで続きました。

自分の演奏中に出た音だったので、演奏に対する嫌がらせと思ったのだろうと感じました。もしかしたらそうかも知れません。はっきりいって演奏も長くつづけば、立派な騒音です。
でも、私と私の家族が立てた音ではないので、また我が家からの嫌がらせと勘違いされても困ります。
早速、私は手紙を書いて「演奏中に音がしたのは知っています。でも私の家ではありません。あなたの演奏に対する私たちの嫌がらせではないので、勘違いしないでください。」とお伝えしました。

それ以来、下に人が居る気配はしますが、時々たててしまった足音にも反応がない、静かな状態が続いています。
それから、演奏も、音のする方角とは逆の部屋からするようになっています。

またいつ、次のトラブルが発生するかは分からないけど、とりあえず、この平穏な状況が長く続いて欲しいと思っています。





未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
コメントありがとうございました。
あまりこまめに画面を見ていなくて、せっかくコメントをいただいていたのに気づくのが遅れてしまいました。

そうですか、同じような経験をお持ちなのですね。同じような人が他にもいるとは・・・心が寒くなります。

「話をしてもらちがあかない」とは、本当にそう感じます。
言葉が通じない、というか、あまりに話が通じず、話すだけこちらが空しくなります。
私も、1対1で話しても、らちがあかないし、「そういうことは聞いていない」とか平気で言いそうなので、第三者に入ってもらいました。

私は、道とかで顔を合わせるのも嫌です。遠くから、見かけると、やり過ごしたりします。
第三者の方には「気にしないのが一番」と言われましたが、なかなか平穏な心では居られないです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。