スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今日、先週のインフルエンザ学級閉鎖で、家に飽き飽きしていた息子にせがまれ、近くのカレー屋さん(インド人のお店)に行ってきました。2年ぶりくらいになるかな。
前回は、お子様カレーも辛いと文句タラタラ、保育園の給食も学校の給食もカレーとなるとテンション下がっていたのに、最近、どうしたことか、突然辛いものに平気になりました。

学校のカレーなど、全然辛くない!だそうです。
月曜日にその辛くないカレーだったので、本場のカレーを試してみたくなった、とかで、久しぶりにカレー屋さんに行ってみました。
ちょうど夫が、市の健康モニターに当たっていて、毎日の万歩計の数値を付けているところだったので、お店まで歩いてみました。以前なら自転車だったかな、という距離です。

ちょうど片道3000歩。体が暖まったところで、HOTな食材を体に入れて、帰りも歩いて、体中がポカポカになりました。
イエーイ!
しかも、息子は、カレーも辛くなく、ナンも一枚ペロリと平らげ、大満足。
絶対、また行くと言い出す感じです。家では絶対作れない味なので、たまには美味しいですね。

さて、『ビジネスで差がつく計算力の鍛え方』(小杉拓也 ダイヤモンド社)の続き。後半で、長年の疑問が解消されました。



今日が9/17とします。納期が9/22だとしたら、あと何日?
この場合は、明日から何日と数えるので、22-17=5日  これでOKです。

ちなみに、月をまたいで、納期が10/22だとしても、簡単です。
9/30までで一区切りして、30-17=13日
これに10月分の22日を足して 13+22=35日 これで計算できます。

もちろん、大の月小の月は覚えておかないといけないですけど。
ちょうど息子の国語の教科書に「西向く侍(2.4.6.9.11が小の月」という教材が載っていました。
私はこれは初耳で、左手の握りこぶしの骨を使います。

さて、次が私の長年の疑問でした。
この17→22と変化するのが、例えばコピーの枚数なら??

この場合、22-17=5枚 ではないですね。
答えは5+1=6枚 です。

日付なら単純に引き算で答えが出るのに、コピーの枚数だと、1枚ずれちゃう、何で?
の答えが、この本にありました。
要は、17の扱いです。

はじめの納期までの日数では、9/17日は当日なので、含みません。だから単純に22までの差で求められます。
でも、ページ数の場合は、17ページもコピーしているので、17ページの分も足してあげないと、答えがずれます。

なるほど。言葉で解説されて、納得でした。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。