スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
この4月になってからだったと思うのですが、夕方に突然電話がかかってきて、慌てて出てみると銀行 あるいは 証券会社ということが続いています。

夫の口座宛だったり私宛だったりするのですが、いままで全くといっていいほど銀行から、「今 普通預金の金利が低いので、商品の説明を聞きに店頭まで来てください」なんて 言われたことなかったです。
だから、銀行名を聞くと、 「引き落とし不能?!」とか、 余計な心配をしてしまうのですが。

ずっと前に、すこうし 証券会社に預けたお金があって、それが普通預金みたいな低金利に入っていて、「それを運用しろ」という勧誘もかかっていました。

このセールストークは、日本はこれから インフレになる、 というものでした。たとえば2%のインフレになるなら、資産も2%で運用しないと、お金の価値が下がるので・・・。とのこと。

インフレ = お金の価値が下がる → 政府の借金が目減りする = 政府はインフレを今後も続ける 
インフレが進行すれば、今 何兆円と言っている国の借金(国債など)が、うまくいけば30年後に半減する とか。
それに負けないために、資産の運用を頑張っていきましょう! と。

アベノミクスの物価上昇って、そういう意味だったのか!と 初めて分かった気になりました。
あくまで証券会社のセールストークなのかも知れませんが、でも、やっぱりそういうことはあるかもしれない、とか。

でも、だから、投資信託の積み立てを! って、薦められるまま、購入するのはどうなんでしょうか。
本当に、30年間も物価上昇し続けるのでしょうか?
それに対抗できるほど、我が家の資産価値は上昇するのでしょうか???
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。