スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
先日、会社の会議で、みんなで10年後のあなたの仕事を考えよう、というテーマが出されました。
中年以下の人たちだったので、とりあえず、10年後 生きている、という前提で、10年後、あなたは、どこでどんな仕事を
したいですか?というテーマでした。

健康で、とか、介護がなかったら、ということを、仕事を続けるための条件に挙げた人が多かったです。
確かに、人生後半になってくると、自身や家族の健康問題が大きく日々の生活に影響してくるでしょう。

子どもは、独立しているかな?子育てに使っていた時間が全部仕事に使えるなら、女性でも、会社や事業でバリバリ
やりたいことができるかもしれません。

でも、今の会社の職場が、このままの姿で残っているかは、疑問かも、と思いました。
IT技術等で、機械化がどんどん進んでいます。

今は、事故受付のような仕事をしています。機械化のおかげで、事故が減ったり、電話への自動応答が減ったりすると、
今ほどの人員は必要なくなるかもしれません。
あるいは、もっと土地の安いところ(もしかしたら海外)で、集中処理センターを作って、国内の人間はあまり採用されなくなっているかもしれません。

10年後にも残っている仕事と、消えていく仕事が、あるだろうな、と漠然と思います。
介護や医療、飲食店など、目の前の人に、現物のものを提供するサービス関係の仕事は最後まで残りそうです。
あと、農業とか自然相手の仕事も残るかもしれません。

10年後、どんな社会になっているのでしょうか?なかなか奥深いテーマでした。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。