スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
先日、吹田のお堂建築を見学したのですが、昨日は、その木材(つまり、ヒノキ)が植わっている吉野の川上村に 森の見学に行ってきました。

茨木の材木やさんが企画してくださったツアーで、川上村の林業に携わっている方も同行される、本格的な森林見学ツアーでした。
朝 桜井駅に集合して、バスで40分くらい山道を登って、やっと登山口に着きました。途中に見える、川のきれいだったこと。とても水が澄んでいて、泳いだら気持ちいいだろうな。

登山口について、登山の心得・・・ヒルがいます・マムシがいます・落石注意・ 結構緊張しました。
しかも、舗装道路をしばらく行って山に入ると思いきや、いきなり、山の木の間へ!

川上1川上2

こんなところに道があるのか?というところで、度肝を抜かれます。たしかに砂利の敷かれた細い道が、かなりの勾配で続いています・・・・

とにかく細い道です。平均台を登っているイメージです。
途中、木が倒れて横たわっていたり、とにかくハードな登山道でした。子どもたちはすべるすべる・・・泣き言もたくさん聞きましたが、おんぶとか、こちらも余裕ないし、無理!

途中休み休み、1時間くらいかけて300メートルを登りました!
登った先は、樹齢400年以上の杉の大木です。
本当に立派です。植えたのは江戸時代より前、というから驚きです。

川上3川上4

日本各地に木材の産地はありますが、人工林は吉野の川上村だけとか。江戸時代より前に、こんなところまでスギとヒノキをびっしり植えてきたなんて、本当に人間の努力はすごいと思いました。

しかし、今は、木材の価値が下がりすぎていて、切りたくても切れないと。下まで出せないので、ヘリコプターで吊るして搬出するそうです。そりゃあ、お金かかりますよね。
完全木材で建物を作ったら、鉄筋の倍以上するらしいです。

川上5川上6

消費者としては、もちろん安いほうがよいけど、やっぱり、樹齢150年とかの、立派なヒノキ・スギがほったらかしになっているのをみると、もったいないなあ。思いました。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。