スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今月に入ってさすがに寒くなって来ました。紅葉もだいぶ進んでいます。

最近、息子の身の回りではあまり大きな事件が起こっていなかったのですが、今日は、久しぶりに大事件です。
一緒に遊んでいた子に、自宅の鍵をゴミ箱に捨てられました。

鍵を床にむき出しに置いていた息子も息子だったのですが、みんなで床にたむろして、ゲームをしたり、鬼ごっこをしたりしていて、ふと、気がつくと鍵がおいた場所から消えていた、とか。
建物内で子どもだけが遊ぶところなので、息子たちしかその部屋にいなかったそうです。

疑うのも嫌な気持ちですが、もしかしたらおもちゃとかを持って帰る時に一緒にまぎれちゃったかな、と思い、一緒に遊んでいた子のおうちに事情を聞きに行ってみました。
そうしたらその子が「なんか、ゴミ箱の方で、変な音がして。ふと見ると鍵がなくなっていたの」と言い出しました。

誰もゴミ箱なんか言っていないし、息子もゴミ箱の音など聞いていません。
これは怪しい、と思って、ゴミ箱を探ってみると、ありました!ちゃんと息子の持っていた鍵がゴミ箱に捨ててありました。

鍵を盗みたくて盗んだのではなくて、ちょっと困らしてやろう、くらいの感覚だったのかもしれませんが、正直、二度とこの子とは遊んで欲しくないです。
息子にも全部状況を伝え、今後どうするか、自分で考えさせようと思います。

しかし、相手の子がまだ幼くて、正直に(というわけでもないですけど、大人にはバレバレ)「ゴミ箱」という単語を口に出してくれて助かりました。
月曜日には、ゴミの回収があるので、それまでに見つかってよかった。そうじゃないと、鍵の取替えをしないとかと覚悟していました。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。