スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
小3男子の我が息子も、だんだんと自立心が芽生えてきました。なんと先週から、自分の部屋で1人で寝られるようになりました。
今までは、1人で寝る、といくら言っても、途中で出てきたりしていたのですが、とうとう、自分で電気を消して、寝ることが出来るようになりました。

次は、1人で宿題が自分の部屋で出来るようになるかしら。

コモンとチロさんの水槽を照らしていた電球は、息子の机用になっていた電気スタンドを代用していたものでした。
そろそろ1人で勉強する日も近い(と思うだけかもしれませんが)、と思って、電気スタンドを水槽横から、学習机に戻してみました。

その結果、水槽が真っ暗に。これではえさも食べれないし、可哀想・・・ということで、夫が電球を買ってきたのですが、裸の電球は目にまぶしいです。
明かり自体はそれほどではないのですが、目の高さにあるからうっとおしい。あまり目にもよくなさそうだし。

そこで、針金で、大まかな形を作って、麻紐を編んだものを巻きつけて、ランプシェードを作ってみました。

ランプシェード

麻紐を通しての明かりは、赤みを帯びて、優しい光です。
目にも直接光源が入らないし、なかなか我が家ではお気に入りの一品になりました。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。