スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

今日のポイント

2016/05/29 Sun 22:58

今日は、一家総出の焼き鳥ボランティアデーでした。今年は客足が鈍く、なかなか売り上げが伸びなかったですが、焼き鳥を300本、焼いて、焼いて、売ってきました。我が家の息子もお釣りを渡したり、商品を渡したり、大活躍でした。

焼き鳥に出かける前に、なんとか、明日までの宿題を終わらせたので、5ポイント ゲットしました。
あとは、夜、大好きな真田丸をみて、10ポイントのマイナスです。来週いよいよ北条が滅びるのでしょうか・・・
今日の、北条VS徳川の会談シーンは、迫力がありました。

先日、とても印象に残る出来事がありました。
友達の年少の子どもさんが、弱視ということが分かったそうです。かなり活発な子だったので、見えてない、というのが、信じられません。見えてないなら、あの動きはとても心配になるくらい、活発な子です。

その子は目が見えにくいからか、あまり絵を描かないらしいのですが、この前、パパの絵として描いたのが、大きな丸が二つ。
これがパパ?っとビックリして聞いたら、「こっちの丸がパパの目、こっちがめがね」と答えたらしいのです。
そのママは、「視野がそれほど狭いのか!それほど近づかないと見えないのか!」と衝撃を受けた、と言っていました。聞いていた私も、ビックリして、言葉も出なかったです。

そんな衝撃の話からしばらくして、全盲の方の話を聞く機会がありました。その方は、うまれつき弱視で、20代で医療事故により、全盲になってしまった人です。

その人の話は、友達の話とつながるところが多かったです。
例えば、弱視の方同士でも、視野の広さは個人差がある(視野が狭い人と広い人がいる)。
白地に黒、の文字より、黒字に白の方が見やすい(個人差あり)。
など。

そして、その方は、なんとなく、全盲になる予感があったそうで、弱視の時代に、思いつく限りの体験をしていたそうです。
鉄道好きだったので、当時の新幹線全線制覇!とか、飛行機のビジネスクラスに乗ってみる、とか。
こういう体験をしないと分からない体験をドンドンしておこう、と思われたそうです。

そして、極めつけはIT技術。ブラインドタッチをマスターし、マウスを使わずにキーボードでPCを動かせます。
音声案内ですべての文字が声で聞こえるように設定しているので、ネット検索も、メールの送受信も、私達のPC操作と同じようにサクサク進みます。
PCの画面をモニタで写してもらいながら、話を聞きましたが、とにかく、音声の読み上げ速度は、私達が目で見る速さ並に早いです。私は、音は聞き取れても、何を言っているか、早すぎて理解不能でした(もちろん日本語です)。
普通、声で読むより、目で読んだ方が早いですよね。声と目と同等くらいの速さです。

日常ではいろいろ不便があるけど、PCは私より使いこなせているかも、と思え、そこに至るまでの努力に頭が下がる思いでした。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。