スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
先日、近所の病院に行ったときのことです。待合室で待っていたら、前の人が会計をしていました。
数百円だったのですが、その人は「細かくてすみません」と断りながら、1円玉と5円玉で10円分を支払おうと
されました。

すかさず、受付の人は「10円玉以上のご使用でお願いします」と言い、患者さんも「すみません」と笑いながら1円玉をひっこめていました。

見ていた私は違和感を感じました。別にお金だし、自動販売機じゃあるまいし・・・

その患者さんが帰った後、もう1人いたベテランの受付の人が、さきほどの受付対応をした人に「自分なら、1円玉を受け取っているよ。あとで自分のお財布の10円玉と交換しているの。お金はお金だし」
と伝えていました。
もちろんこういう対応をされたほうがすがすがしいですね。

さすがベテラン!接客の極意って気がしました。
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
この受付の人の対応おかしい!「病院で小銭はらうなんて、スーパーじゃないんだから」と思ってるんでしょう。このバカチン!! 私だったら「怒鳴りちらします」・・・そこまではしません(笑)別の方の対応は素晴らしい。以前小銭がたまり、三菱〇〇銀行へ行きましたが、窓口のかた「手数料いただきます」私のメイン(笑)信用金庫に行きましたら、小銭を機械で計算、私の口座へ入れてくれ、おまけにティッシュまでくれました。にっこり笑顔で。
信金さん、すばらしい!
大手銀行って、小銭をお札に替えるのにもいちいち手数料がかかるのですか!同じ価値のお金はお金とは行かず、「手数」が発生するのでしょうか。所詮、機械が計算しているのに・・・。

いいですね、信金さん。こういうなんとなくほっこりできる経験があると、その日はちょっとうれしくなります。
こういう心遣いが地元のお得意さんを増やしているのだろうなあ、思いました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。