スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
会社の人とお昼にお話していたのですが、そこでいいことを教えてもらいました。
私の家も、その人の家も、グリルに水を入れるタイプです。
グリルの下にぽたぽた、油とかたれて、洗うの面倒だし、臭いは残るし。
鯵とか、魚でも、私、フライパンで焼いていました。3人分だと、小さめのフライパンでOKで、洗うの楽チンで。

でも、火のとおりが良すぎるのか、パサパサになってしまうんです。
「鯵がパサパサにならないためにはどうしたらいい?」って話をしていました。

そしたら、フライパンではなく、グリルを使いなさい、と。
そこで、グリルは汚れたら洗うの大変だから、なるべく使わないようにしている・・・と話したら、

魚あみの下(グリルの底)に、しっかりアルミホイルを敷く。その上に駅とかで配っているポケットティッシュを何枚か乗せる、と。

「グリルにティッシュですかい!燃えますけど!」と言ったら、「ティッシュがひたひたになるくらいの水を入れると大丈夫。使い終わったらティッシュごと、アルミホイルを交換。そうしたら毎回は洗わなくて済む」と。

早速その晩、鮭を焼いてみました。ポタポタいろんな汁がたれましたが、しっかりティッシュが吸ってくれて、汚い水がグリルに残ることなく、グリル洗わず、匂いなし!です。

生協のカタログとかで、グリルのあみの下に敷くものを売っているけど、めっちゃ高いな、思っていて。
これなら楽チンだし、経済的です。あみの上にアルミを敷くと、お肉だと、脂の中で焼いている感じになるし。

良いことを教えてもらいました。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。