スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
昨日、ようやくインフルエンザの注射を息子に受けさせることができました。しかも1回目です。まだまだ前途多難。
頼むから、風邪ひかんといてくれ、という祈り・・・

数週間前に一度注射に連れて行ったのですが、なんと、その時、注射前に測った体温が37.7度!
見事にアウトでした。しかも、それから鼻風邪がひどくなって・・・
風邪のひきはじめだったのですね、トホホって、待つこと数週間でした。

もう注射の時には全然泣かないし、親も押さえる必要がないのが助かります。
保育園のころは、「今日病院に行くよ」と言っただけで「注射?注射?」と毎回聞いてきて、本当に注射となると、ずいぶん逃げ回られました。

たしか年長のときだったのですが、いつものとおり、嫌々椅子に捕まえられ、腕を出させられて、いざ注射!というとき、ふと、息子は先生の机のボールペンが目に入りました。
「先生~、ボールペンで間違えて注射せんといてね~!」とか、冗談を言っている間になんと、プスっと注射が終わっていました。先生は完全無視。
「泣かなくてもいいじゃん、俺、強いじゃん」と気づいた瞬間でした。それ以来、注射で泣くことはなくなりました。

インフルエンザの注射、毎年受けているからか、まだ一度もかかっていません(新型はかかりました)。去年は教室半分が欠席、学級閉鎖になったのですが、なんとか生き残りました。
注射も、受け続けると効果ある、といいますよね。とりあえず、年内にもう一度、受けときたいな。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。