スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

息子の学童ボイコット

2014/12/10 Wed 21:16

先月半ばごろから、息子が学童行かなくなりました。
結構管理がゆるい学童だったのですが、さすがに、「○○君、まだ来ていないのですけど、今日はいらっしゃいますよね」
と、来ていない日には毎日電話がかかってくるようになりました。

管理がゆるい、というのは、今までにも何回か、勝手に学童行かないときがあっても、先生から何も連絡が無く、私がマンションに帰ってきたら、なんとロビーにドデンと座っていた(ずいぶん長い間、ソファーを占拠していたらしく、ランドセルの中身があちこち散らばっている)とか、が何回かあって、学童から電話も何もない、という状態があった、ということです。

今の世の中、この管理のゆるさは信じられない!と思って、はじめのころは「行くと言った日に行っていたなかったら、ちゃんと連絡してください!」って、私も文句言ったりしていたのですが。
最近は、勝手に帰る息子も悪いし、結局マンションにいるか、その辺の友達の家に入り込んでるだろう、とあまり心配をしなくなってしまいました。

学童では毎日限られた友達と限られた場所で同じような遊びしか出来ないわけで、そりゃ飽き飽きするよな、とも思います。学童行っていない子は外で自由に遊べますから。
だから、学童に行きたがらない気持ちも分かります。

そこで、息子に「毎日は行かなくていい。友達と遊ぶ日は前もって遊ぶ日にして、学童に行く日だけ決めなさい。」と言って「今日は学童の日」のお約束をして、その日だけ学童に連絡をする、ということにしたのですが・・・
しかし、そこまで譲歩しても、突然学校で、「今日は遊ぶ」モードに入って、そのまま友達の家に行く・・・を繰り返してます。

学童としても、「今日は学童行きます」と私がわざわざ連絡した日に、子どもが来ないわけですから、当然「どうしたんだ?」になります。
それで、毎日私に(仕事中なので留守電に)電話がかかってくることになりました。

私としては、たった数日まで譲歩したのに、このくらいも我慢できないのか!とか、目先の幸せに釣られて約束の守れない子になったら困る、とかやっぱり連れ去りも少しは心配して、毎回烈火のごとく怒ってみたのですが。
学童に謝りに行かせたり、留守電を聞かせたりしても効果なく。

そのうち個人懇談の時期になりました。学校は1:30に終わります。さすがにその時間から、そのあたりをうろついたり、友達の家に入り浸ったりをしてもらっても困るので、最終手段、「学童から連絡が来たら、ママ、家出するよ」、で脅しました。

さすがに効いたらしく、なんとか、4日間は無事学童に行くようになりました。私も無駄に家出をしなくてすみました。
しかし、しかし、こんな脅しもいつまでも続くわけでもなく、自分でお約束を守れる人間になって欲しいのですが。
やっぱり学童より、友達と遊べる魅力は絶大なのでしょうか。

とりあえず、個人懇談終わってからは「今日は学童行く」という日が来ていません・・・・。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。